あんどろいど速報

イーモバイル「STREAM X GL07S」、分割購入で新規でも月額2520円になるキャンペーン開始 誰とでも定額も1年間無料

140512_emobile_gl07s.png この話題を3行でまとめると

イーモバイルが「STREAM X GL07S」を月額2520円で維持できるキャンペーン

情報元:スマホペディア
イーモバイル「STREAM X GL07S」、分割購入で新規でも月額2520円になるキャンペーン開始 誰とでも定額も1年間無料の記事を読む

中国ファーウェイ、スマホで日本市場へ攻勢 品質を磨く狙い

1:のーみそとろとろφ ★:2013/05/04(土) 10:07:25.26 ID:???

 【深セン=吉岡桂子、北京=斎藤徳彦】
 スマートフォン製造で中国最大手の華為技術(ファーウェイ=本社・深セン)は、消費者の品質への要求が厳しい日本市場を「試験市場」と位置づけ、攻勢をかけている。

 「ガラパゴス」とも呼ばれ、独特の機能が重視される日本の携帯市場で技術やアイデアを蓄積し、普及期を迎えた世界市場での競争に役立てたい考えだ。

 同社は、韓国サムスン電子、米アップルが圧倒的な地位を保つ世界市場で、韓国LG電子や日本のソニーなどと3位争いを繰り広げる大手。今年3月には欧州の見本市で発表した新製品をまっ先に日本で発売した。昨年10月の東京の家電見本市には中国で日中関係の悪化のなかでも出展し、最大級の面積を確保した。

 スマホなど端末事業のマーケティング責任者の邵洋(シャオヤン)氏は「中国、欧州、日本が重要市場」という。中国では量を確保し、欧州では多言語に対応し、日本では品質を磨く狙いがある。

 巨大市場の米国では、安全保障上の問題から中国の通信設備・機器メーカーを排除する動きがある。同社はこれに反発しているが、日欧の重要性が増した面もある。ソフトバンクなど日本の通信会社と関係を深めれば、日本が先行する高速通信規格LTEなどの技術も蓄えられると見こむ。
日本製部品の調達も増やす方針だ。

http://www.asahi.com/business/update/0504/TKY201305040007.html
イー・モバイルが販売する華為技術(ファーウェイ)製のスマホ「STREAM X」=東京都のビックカメラ池袋本店、吉岡桂子撮影
1305041535_1_1.jpg

中国ファーウェイ、スマホで日本市場へ攻勢 品質を磨く狙いの記事を読む

イーモバイル、Huawei製LTEスマホ「STREAM X GL07S」・LTEスマホ向けプラン発表

1: バーミーズ(東京都):2013/02/21(木) 10:08:11.04 ID:Cy3yMqkd0

 イー・アクセス(イー・モバイル)は、LTEに対応しクアッドコアCPUを搭載したHuawei製のAndroidスマートフォン「STREAM X GL07S」を3月上旬に発売する。

 今回発売される「STREAM X GL07S」は、イー・モバイルのLTEサービスに対応し、4.7インチ、1280×720ドットのHD液晶ディスプレイを搭載、1.5GHz駆動のクアッドコアCPUや1300万画素カメラ、独自のユーザーインターフェース(UI)を搭載したスマートフォン。テザリングはLTEで約8時間の利用が可能。日本市場向けに開発された端末で、イー・モバイルの端末として初めて「おサイフケータイ」に対応するのも特徴になっている。

 通信速度は「EMOBILE LTE」対応エリアにて下り最大75Mbps、上り最大25Mbpsとなる。「EMOBILE G4」エリアでは下り最大42Mbps、上り最大5.8Mbps。なお、端末の仕様としてはLTEの「UE Category4」(20MHz幅の場合、下り最大150Mbps、上り最大50Mbps)への対応が謳われているが、イー・モバイルがLTEで利用できる帯域幅は10MHz幅のため、カテゴリー4の20MHz幅の通信速度は実現できない。また帯域幅の追加割当ての見通しもたっていないため、20MHz幅の速度については将来的に対応可能という仕様にとどまっている。

 端末に搭載されるCPUはハイシリコン製の「K3V2」で、1.5GHz駆動のクアッドコア。16コアのGPUも内蔵する。メインカメラは1300万画素の裏面照射型CMOSセンサーで、「Xperia Z」と同じソニーの「Exmor RS for mobile」が搭載される。


http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20130221_588657.html

1302211508_1_1.jpg




イーモバイル、Huawei製LTEスマホ「STREAM X GL07S」・LTEスマホ向けプラン発表の記事を読む

日本通信、3G通信が200日利用できるSIM付きテザリング対応スマホ『IDEOS』を19,800円で提供

1:ライトスタッフ◎φ ★:2012/06/12(火) 16:26:21.50 ID:???

 日本通信は、Android 2.2.1搭載スマートフォン「IDEOS」に、3G通信が200日利用可能なSIMを付けたスペシャル・パッケージ「IDEOS 200日パッケージ」を6月14日より発売する。価格は19,800円。

 同製品には、3G通信が200日利用できるデータ通信専用SIMを同梱。契約手続きは不要で、契約期間のしばりもなく、購入日よりドコモ3Gエリア内でインターネットへ接続することができる。SIMカードの通信速度は上り/下りともに 300kbps(ベストエフォート)。テザリングにも対応しており、iPod touchなどのWi-Fi対応機器をインターネットに接続することもできる。

 IDEOSの基本仕様はディスプレイが2.8インチTFT液晶(320×240ピクセルQVGA)、外部メモリはmicro SD/SDHCカード対応(最大32GBまで)、Bluetooth V2.1+EDR、カメラは320万画素。WiFi規格はIEEE 802.11b/g/n準拠。WiFiテザリング機能におけるWiFi規格はIEEE 802.11b/g準拠。サイズ/重量は54.8mm(W)x104mm(H)x13.5mm(D)/約100g。バッテリーはリチウムイオン電池で1200mAh(3.7V)。連続3Gデータ通信時間、連続WiFiテザリング利用時間はともに約4時間。

 同製品には、IDEOS本体、SIMカードほか、本体カバー(ブラック/ピンク/ブルー/イエロー)、コンパクトACアダプタ、イヤホンマイク、USBケーブルなどを同梱。家電量販店、b-mobile取扱店などを通じて販売される。

1206170650_1_1.jpg

◎日本通信(9424)のリリース
http://www.j-com.co.jp/news/release/1204.html

http://news.mynavi.jp/news/2012/06/12/074/index.html




日本通信、3G通信が200日利用できるSIM付きテザリング対応スマホ『IDEOS』を19,800円で提供の記事を読む

瓦版
icon_Feed_48.png icon_Twitter_48.png icon_Facebook_48.png

相互リンク・RSS・広告募集中。

連絡はコチラまで

関連商品

Google Pixel


Google Pixel XL


Google Daydream View

2017 Fire 7


2017 Fire HD 8


Xperia XZs


VAIO Phone A


HUAWEI Nova Lite


ONKYO GRANBEAT

ASUS MeMO Pad 7 LTE モデル
パナソニック DMC-CM10

アクセスランキング
サイト内検索
カウンター