あんどろいど速報
ヘッドライン

Google、KotlinをAndroidアプリ開発言語に選定

170521a.png
1:ノチラ ★:2017/05/18(木) 09:51:04.38 ID:CAP_USER.net

今日(米国時間5/17)のGoogle I/OでKotlinがサポートされることが明らかになった。Kotlinは静的型付けされたプログラミング言語でJava仮想マシンで作動する。GoogleはAndroidアプリ開発にあたってKotlinを第一級言語の一つに選定した。

Kotlinの主要スポンサーはIntelliJなどのツールで知られるJetBrainsだ。KotlinはJavaと100%互換で、すでにGoogle自身のAndroidアプリ開発の主要言語となっている(もちろんC++も利用されている)。

Googleによれば、今後(JetBrainsと協力して)Kotlinの開発環境を提供していくという。JetBrainsは2012年にKotlinをオープンソース化していたが、1.0がローンチされたのは1年前だった。Google自身のAndroid StudioがJetBrainのIntelliJ Java IDEをベースにしているのは重要な点だ。次世代Android Studio (3.0)はデフォールトでKotlinをサポートすることになる。

KotlinはJava互換なので、 これまでもAndroidアプリを書くことができたが、今後GoogleはKotlinをプログラミング言語として全面的にプッシュするようだ。Kotlinには現在Javaでサポートsれていない機能が多数含まれている。

GoogleはキーノートでKotlinのサポートは「追加であり、既存のJavaや C++のサポートを置き換えるものではない」と念を押している。

今日のGoogle I/OのキーノートでKotlinのサポートの発表は聴衆から最大の喝采を受けたことは注目すべきだろう。

http://jp.techcrunch.com/2017/05/18/20170517google-makes-kotlin-a-first-class-language-for-writing-android-apps/

Google、KotlinをAndroidアプリ開発言語に選定の記事を読む

2017/05/21 14:02 | Android OS・Nexus | コメント(5) | はてなブックマーク - Google、KotlinをAndroidアプリ開発言語に選定

Google、完全車載「Android Auto」でAudiとVolvoと提携

1:まはる ★:2017/05/16(火) 12:36:45.93 ID:CAP_USER.net

米Googleは5月15日(現地時間)、スマートフォン不要の車載システム「Android Auto」で独AudiとスウェーデンVolvoと提携したと発表した。「両社の次世代モデルにAndroidが組み込まれる」という。

17日から本社キャンパス近くで開催の「Google I/O 2017」で、同システム搭載の「Audi Q8」および「Volvo V90」を披露する計画だ。

Googleが2014年に発表したAndroid Autoは、これまでは米Appleの「Carplay」と同様にAndroid搭載スマートフォンを車に接続する必要があった。
昨年のGoogle I/OでAndroid Auto単体で稼働するシステムのデモは行われたが、提携メーカーが発表されたのはこれが初めてだ。

完全車載型の新しいAndroid Autoは、車内空調やサンルーフ、窓の調整、Googleマップ、Spotifyなどのアプリの操作、「Google Assistant」への音声での問い合わせなどをスマートフォンなしで利用できる。

画像を見ると、ダッシュボード向けの新しいユーザーインタフェースになっているようだ。

AudiもVolvoも、2014年段階ではAndroid AutoとCarPlayの両方をサポートすると発表している。Googleは米Bloombergに対し、CarPlayは「車載Android上で稼働できる」と語った。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1705/16/news051.html

Google、完全車載「Android Auto」でAudiとVolvoと提携の記事を読む

2017/05/16 22:18 | Android OS・Nexus | コメント(2) | はてなブックマーク - Google、完全車載「Android Auto」でAudiとVolvoと提携

OS世界シェアでAndroidが初の首位、Windowsを抜く

170404a.png
1:まはる ★:2017/04/04(火) 13:59:51.07 ID:CAP_USER.net

パソコンやスマートフォンを作動させる基本ソフト(OS)の世界シェアで、米グーグルの「アンドロイド」が米マイクロソフトの「ウィンドウズ」を逆転し、初めて首位に立ったことが3日、分かった。

調査会社スタットカウンターが発表した。パソコン市場が低迷する一方、スマホの爆発的な普及でOS市場の新旧勢力が交代しつつある構図が浮き彫りになった。

発表によると、今年3月のアンドロイドのシェアは37.93%とウィンドウズ(37.91%)をわずかに上回った。
アンドロイドはスマホへの搭載が多いが、5年前は2.4%のシェアにすぎなかった。
スタットカウンターの幹部は「1980年代以降のマイクロソフトが世界のOS市場を主導してきた時代は終わりを迎えた」とコメントした。

ただ、パソコンでは、ウィンドウズは依然84%のシェアを誇っているという。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017040400613&g=int

OS世界シェアでAndroidが初の首位、Windowsを抜くの記事を読む

2017/04/04 23:04 | Android OS・Nexus | コメント(2) | はてなブックマーク - OS世界シェアでAndroidが初の首位、Windowsを抜く

Android端末の約半数、2016年中に更新されず

170329a.png
1:海江田三郎 ★:2017/03/24(金) 18:20:59.37 ID:CAP_USER.net

米Googleは3月22日に発表した2016年のAndroidセキュリティに関する年次報告書の中で、2016年末の時点で使われていた端末のうち、同年中にプラットフォームセキュリティアップデートを受け取っていなかった端末が約半数に上ることを明らかにした。

Googleは2015年8月から、Androidの脆弱性を修正するセキュリティアップデートを月例で公開するようになり、PixelとNexus向けにはOTA(無線経由)でアップデートを配信している。しかし、それ以外の端末についてはメーカーやキャリアなどのパートナー任せになっているのが現状だ。

この状況についてGoogleは、「まだ大幅な改善の余地がある」と認め、メーカーがセキュリティパッチを配信しやすくなり、ユーザーがそのパッチを適用しやすくなるよう努めると説明した。

マルウェア対策では、ユーザーの端末に「潜在的有害アプリ」(PHA)がインストールされていないかどうか定期的にチェックするツール「Verify Apps」を使って、2016年の1年間で7億5000万回のチェックを行い、Android使用上位50カ国でPHAのインストール率を削減できたと報告している。

公式アプリストアのGoogle Playからしかアプリをダウンロードしていない端末の場合、PHAの感染率は0.05%にとどまり、2015年の0.15%から減少した。

一方、Google Play以外からもアプリをインストールしている端末の場合、2016年末の時点でPHA感染率は0.71%と、2015年初めの0.5%より上昇した。「2017年は、たとえどこからアプリを入手しても、PHAに感染する端末の数を減らすことができると思う」とGoogleは予想している。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1703/24/news059.html

Android端末の約半数、2016年中に更新されずの記事を読む

2017/03/29 23:35 | Android OS・Nexus | コメント(6) | はてなブックマーク - Android端末の約半数、2016年中に更新されず

Googleが「Android O」を発表、従来比2倍高速&ソニーの協力によりLDACをネイティブサポート

1: フライングニールキック(catv?)@\(^o^)/ [TH]:2017/03/22(水) 13:04:33.90 ID:92lnk4Cp0.net

Googleは21日(米国時間)、Android OSの次期バージョンとなる「Android O」の開発者プレビューを公開した。
ピクチャー・イン・ピクチャー(PiP)機能や、API追加、より細かいバックグラウンド実行制限による省電力化などが目玉となる。

プレビューは主にNexusデバイスに向けて公開され、エミュレータ上や対象デバイスで利用できる。
対象デバイスはNexus 5X、Nexus 6P、Nexus Player、Pixel、Pixel XL、Pixel Cの6機種。

新しいバックグラウンド実行制限はアイドル状態のサービス実行数を制限するほか、位置情報の利用頻度の制限が可能となり、省電力化に貢献する。また、ランタイムの最適化によりベンチマークテストでは最大2倍のスコア向上があるという。

PiP機能も追加され、動画の視聴中であってもチャットの返信などが可能。また、埋め込まれるアプリのアスペクト比も指定可能となる。

オーディオ関連の機能も向上した。新たにオーディオコーデック「LDAC」に対応し、Bluetooth接続であっても高音質なハイレゾ音源が楽しめるほか、ローレイテンシなオーディオAPIが新たに追加された。これらにより、再生品質の向上や、新しい周辺機器またはアプリの登場が期待できる。LDACについては僚紙記事も参考にされたい(ケータイWatch:"LDACとは")。

LDACはソニーが開発したオーディオコーデックであり、同社の協力を受けて実装されたもの。リリースではLDACを含め30以上の機能追加についてソニーがクレジットされている。

次期OS"Android O"の開発者プレビューが公開。ソニーの協力によりLDACをサポート
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1050642.html

Googleが「Android O」を発表、従来比2倍高速&ソニーの協力によりLDACをネイティブサポートの記事を読む

2017/03/22 23:24 | Android OS・Nexus | コメント(2) | はてなブックマーク - Googleが「Android O」を発表、従来比2倍高速&ソニーの協力によりLDACをネイティブサポート

Androidの利用台数、ついにWindowsを抜く

170314a.png
1:海江田三郎 ★:2017/03/13(月) 21:17:35.95 ID:CAP_USER.net

インターネットに接続して利用されている全世界の機器のうち、米グーグルのOS「Android」を搭載する機器の数が増え続けており、まもなくWindows搭載機器の数を追い抜く見通しとなっている。

こうした調査結果を、ウェブのデータ通信解析を行っているアイルランドのスタットカウンター(StatCounter)が公表した。

Windowsを上回るのは時間の問題
世界でインターネットにアクセスしている機器の中で、OSにAndroidを搭載する機器が占める比率は、今年2月時点で37.4%となり、Windowsの比率である38.6%に僅差にまで迫ったという。

これは、パソコン(デスクトップ、ノート)やモバイル機器(スマートフォンなど)、タブレット端末のデータ通信量調査で分かったもので、スタットカウンターは2012年からの各OSの推移をまとめている。

それによると、Windows機のネットアクセス比率は、5年前の2012年1月時点で82%と、高い水準だった。一方、この時点におけるAndroid搭載機の比率はわずか2.2%だった。
ところが、Windowsはその後一貫して右肩下がりで推移。これに対し、Androidは右肩上がりで伸び続け、両者の差は1.2ポイントにまで縮まった。スタットカウンターの分析によると、こうした変化は、スマートフォンの普及や、従来型パソコンの販売低迷、世界市場におけるアジア地域の影響力の大きさによってもたらされたという。

パソコンに限定して見ると、Windowsからのインターネットアクセスは84.1%と依然高い水準。しかし、今後も上述した傾向が続くことが予測されるため、AndroidがWindowsを上回るのは時間の問題と見られている。

これについて、スタットカウンターのエーダン・カラン最高経営責任者(CEO)は、「AndroidがWindowsに匹敵するまでに伸びるとは、5年前には考えられなかった。Windowsはパソコン市場の戦いで勝利したが、戦場はすでに別の所に移った」と指摘している。

アジアではAndroidが50%超
2017年2月時点のアクセス比率を地域別に見ると、北米ではWindowsが40.7%でトップとなり、このあと米アップルのiOSが24.9%で、Androidが20.3%で続いた。
欧州でも同様にWindowsが51.8%でトップとなり、Android(23.5%)の2倍以上で推移した。一方でアジアは、Androidが51.8%と、Windowsの29.8%を大きく上回っている。
人々が普段、主に使う機器はパソコンからスマートフォンに移行しており、Android搭載機器がよく売れるアジア市場ではその傾向が顕著。そして、最大のスマートフォン市場である中国が、世界に大きな影響を及ぼしている、ということのようだ。

「アップルに同情は要らない」
なお、この話題について報じている米シーネットの記事は、「アップルはスマートフォンとパソコンの市場で依然シェアが小さいが、同社はスマートフォン業界全体が稼ぐ利益のほぼすべてを得ており、同情する必要はないだろう」と伝えている。 これは、昨年11月に米国の市場調査会社、ストラテジー・アナリティクスが公表したリポートのことを言っている。

ストラテジー・アナリティクスによると、iPhoneの昨年9月末までの3カ月における営業利益は約85億ドルだった。これに対し、スマートフォン業界全体の同期間の営業利益は約94億ドル。
つまり、アップルがiPhoneを販売したことで得た営業利益は、同じ期間の業界全体の営業利益の約91%を占めた。アップルに次いで営業利益が多かったのは、ファーウェイ(華為技術)、ビーボ(維沃移動通信、vivo Mobile Communication)、オウポ(広東欧珀移動通信、OPPO Mobile Telecommunications)の順で、これらはいずれも中国のスマートフォンメーカー。

しかし、3社の昨年7~9月における営業利益はいずれも約2億ドル。利益シェアはそれぞれ2.4%、2.2%、2.2%にとどまっている。

https://news.yahoo.co.jp/byline/kokuboshigenobu/20170313-00068639/

Androidの利用台数、ついにWindowsを抜くの記事を読む

2017/03/14 12:00 | Android OS・Nexus | コメント(10) | はてなブックマーク - Androidの利用台数、ついにWindowsを抜く

Google Play、キャッシュバッククーポンの配布開始 -12月中に500円以上利用していればもれなく貰える

170111a.png
29:名無しさん@お腹いっぱい。:2017/01/11(水) 00:13:36.90 ID:kPr7nipq.net

もらえたもらえた
トップに受け取り画面ありますよ

30:名無しさん@お腹いっぱい。:2017/01/11(水) 00:14:22.34 ID:PZxvbz5H.net

キャッシュバック受け取れた人おる?

35:名無しさん@お腹いっぱい。:2017/01/11(水) 00:22:48.48 ID:kPr7nipq.net

PCでぐぐぷれトップ→アプリに行けば
先月まで見かけた袴履いたキャラのバナーあるからそれでもらえましたよ

36:名無しさん@お腹いっぱい。:2017/01/11(水) 00:23:19.59 ID:KcD9UH2O.net

ストアログインし直せばデカデカと受け取りバナーが表示されるはず

Google Play、キャッシュバッククーポンの配布開始 -12月中に500円以上利用していればもれなく貰えるの記事を読む

2017/01/11 21:07 | Android OS・Nexus | コメント(0) | はてなブックマーク - Google Play、キャッシュバッククーポンの配布開始 -12月中に500円以上利用していればもれなく貰える

Android Payで楽天Edy使えるようになったけど、おサイフケータイあるのに意味あるの?

161214a.png
568:名無しさん@ご利用は計画的に:2016/12/13(火) 07:46:47.15 ID:v3/1vfOd.net

Android Payダウンロードできた!!!!


革命きてるぞ!!!!!!!!!!!!

571:名無しさん@ご利用は計画的に:2016/12/13(火) 09:16:28.25 ID:K9hFdMbE.net

今入れる意味ってあるの?

Android Payで楽天Edy使えるようになったけど、おサイフケータイあるのに意味あるの?の記事を読む

2016/12/14 23:10 | Android OS・Nexus | コメント(4) | はてなブックマーク - Android Payで楽天Edy使えるようになったけど、おサイフケータイあるのに意味あるの?

「Android Pay」日本で開始、まず楽天Edyに対応

161213e.png
1:海江田三郎 ★:2016/12/13(火) 13:35:26.76 ID:CAP_USER.net

Google Japanは12月13日、Android端末向け決済サービス「Android Pay」の日本国内での提供を始めた。まず楽天Edyと連携。NFC対応端末に専用アプリをインストールし、楽天Edyを登録すれば、ローソンなどEdy対応店舗で、端末をかざすだけで決済できる。

ほかの電子マネーやクレジットカードへの対応は来年の予定。

開始当初は「楽天Edy」と「楽天ポイントカード」を連携できる。既存のモバイル楽天EdyアカウントをAndroid Payに連携することも可能だ。

ファミリーマートやローソン、ミニストップ、マクドナルド、ビックカメラ、マツモトキヨシなど全国47万以上のEdy対応店舗でAndroid Payによる支払いに対応した。

残高や利用履歴の確認も、端末上で可能。チャージは、アプリやクレジットカード、楽天Edy対応店舗で行える。

来年にはフェリカネットワークスとの連携し、対応する電子マネーの種類を拡大する予定。三菱東京UFJ銀行やVisa、Mastercardなどと協力し、お気に入りのアプリの決済をAndroid Payで行えるようにするなど、サービスを拡充する計画だ。

Android Payは2015年に米国からスタートしたサービスで、日本が9カ国目。米国では当初から、 4大クレジットカード(MasterCard、Visa、American Express、Discover)で決済できた。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1612/13/news069.html

「Android Pay」日本で開始、まず楽天Edyに対応の記事を読む

2016/12/13 23:40 | Android OS・Nexus | コメント(8) | はてなブックマーク - 「Android Pay」日本で開始、まず楽天Edyに対応

Android、OS別世界スマートフォン出荷シェアで過去最高の88%に -iPhoneの中国や南アフリカでの原則が貢献

161106a.png
1:海江田三郎 ★:2016/11/04(金) 18:34:00.33 ID:CAP_USER.net

米調査会社Strategy Analyticsが11月3日(現地時間)に発表した第3四半期(7~9月)の世界におけるスマートフォン出荷調査によると、OS別でAndroidのシェアが過去最高の88%になった。

総出荷台数は6%増の3億7540万台。インドや南アフリカなどの新興国市場での需要が成長を支えたという。

Androidのシェア増には、米AppleのiPhoneの、中国およびアフリカでの販売減速が貢献したとStrategy Analyticsは分析する。BlackBerryとMicrosoftのWindows Phoneは戦略変更でほぼ消えてしまい、一方、Tizenなどの新興OSは搭載端末が増えず、伸びていない。

ただ、Android端末は飽和状態で収益を上げられているメーカーは少なく、また、米Googleがオリジナル端末「Pixel」および「Pixel XL」を発売したことは、これまで協力してきたパートナーメーカーに対する攻撃になっており、これらはAndroidにとっての課題となっていると、Strategy Analyticsは指摘する。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1611/04/news080.html

Android、OS別世界スマートフォン出荷シェアで過去最高の88%に -iPhoneの中国や南アフリカでの原則が貢献の記事を読む

2016/11/06 23:35 | Android OS・Nexus | コメント(7) | はてなブックマーク - Android、OS別世界スマートフォン出荷シェアで過去最高の88%に -iPhoneの中国や南アフリカでの原則が貢献
瓦版
icon_Feed_48.png icon_Twitter_48.png icon_Facebook_48.png

相互リンク・RSS・広告募集中。

連絡はコチラまで

関連商品

Huawei P9 LITE


Motorola Moto Z

FREETEL SIM 299円全プラン対応パック
\322 FREETEL SIM 299円全プラン対応パック

DMM mobile SIMカード
\324 IIJmioウェルカムパック


Fire HD 8

Pokemon GO Plus
Pokemon GO Plus

ASUS MeMO Pad 7 LTE モデル
パナソニック DMC-CM10

Huawei P9 Lite SIMフリー
Huawei P9 Lite SIMフリー


アルミニウム製 Nano SIM MicroSIM変換アダプター5点セット


ONKYO DP-X1

アクセスランキング
サイト内検索
カウンター