あんどろいど速報
ヘッドライン

【月額399円WiMAX】GMOとくとくBB、WIMAX「究極割」開始 端末無料で1年使えば違約金も無し

141025_gmo_tokutoku_399.png

1: フェイスロック(イラク)@\(^o^)/:2014/10/25(土) 01:12:27.29 ID:9ReSPAN80●.net

 GMOインターネット株式会社のプロバイダーサービス「GMOとくとくBB」は10月24日から31日まで、「WiMAX究極割キャンペーン」を実施する。

 対象のWiMAX接続プランを新規契約すると、通常3591円の月額料金が1年間限定で399円に割り引きされる。端末代金も無料。なお、最低利用期間は1年間で、途中解約などをした場合には1万5600円の違約金がかかる(価格はすべて税別)。

 キャンペーン対象となるプランは「WiMAX Mobile Slim接続サービス」 「WiMAX Aterm WM3800R接続サービス」で、提供端末が異なる。通信速度はともに下り最大40Mbps。なお、「WiMAX Mobile Slim接続サービス+クレードルセット」は月額499円(税別)での提供となる。

 月額料金は、初月(端末受け取り月)が無料。2カ月目から12カ月目がキャンペーン価格となる。13カ月目以降は通常料金(税別3591円)が適用されるが、違約金の設定がなくなり、自由に解約できるようになる。

 なお、端末代は通常1万9000円(税別)だが、キャンペーン適用で無料となる。

 キャンペンーンは専用ページにて受け付け、機器類は郵送される。支払いはクレジットカードのみ。申し込みにあたっては、初回事務手数料3000円(税抜)も別途かかる。
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20141024_672971.html

料金の詳細・違約金についてはこちらをどうぞ



【月額399円WiMAX】GMOとくとくBB、WIMAX「究極割」開始 端末無料で1年使えば違約金も無しの記事を読む

格安SIM「BIGLOBE LTE・3G」が通信量大幅増量キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

141024_biglobe.jpg
1: スパイダージャーマン(大阪府)@\(^o^)/:2014/10/23(木) 10:18:53.34 ID:+DTsmJ2A0.net

http://join.biglobe.ne.jp/mobile/lte/data/

●データSIMの場合

・エントリープラン 900円(税別)
 1GB→2GB
 ※72時間規制 360MB→360MB

・ライトSプラン 1505円(税別)
 2GB→5GB
 ※72時間規制 360MB→600MB

・ライトMプラン 2838円(税別)
 3GB→8GB
 ※72時間規制 360MB→1GB

・スタンダードプラン 3790円(税別)
 7GB→10GB
 ※72時間規制 1GB→1GB

格安SIM「BIGLOBE LTE・3G」が通信量大幅増量キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!の記事を読む

イオン、月額2980円でスマホ+SIMを販売へ 「Nexus 4」と200kbps制限の電話もできる回線

140330_aeon_sim.jpg この話題を3行でまとめると

イオンが4月4日からスマホとSIMをセットにした商品を売り出す

  • 第一弾は「Nexus 4」(1420円)+「スマホ電話SIM フリーData」(1560円)の月額2980円
  • 2年以内での解約でも違約金は無し、通話もできる。データ回線は200kbps制限
情報元:イオンが格安スマホ 端末・回線、月2980円  :日本経済新聞
イオン、月額2980円でスマホ+SIMを販売へ 「Nexus 4」と200kbps制限の電話もできる回線の記事を読む

NTTぷらら、「ぷららモバイルLTE」に1日50MBLTE通信が可能が「定額ライトプラン(50MB)(仮称)」を発表

140324_prara_50MB.png この話題を3行でまとめると

「ぷららモバイルLTE」に新プラン「定額ライトプラン(50MB)(仮称)」追加

  • 月額900円で4月24日から提供予定
  • 月の通信量制限無し、日の通信量制限50MBまで
情報元:株式会社NTTぷらら|インフォメーション
NTTぷらら、「ぷららモバイルLTE」に1日50MBLTE通信が可能が「定額ライトプラン(50MB)(仮称)」を発表の記事を読む

U-NEXT・ヤマダ電機、月額680円からの「ヤマダSIM」販売へ 1GB超えると1980円になる2段階制プランなど

140324_yamada_sim.png この話題を3行でまとめると  の販売を20日に開始した。

U-NEXTとヤマダ電機が提携「YAMADA SIM powered by U-mobile*d」販売が20日開始

  • 最安のプランでは月額680円で1GBまでLTE通信が可能、超えると1680円の2段階制
  • U-NEXTが提供する「U-mobile*d」とサービス内容は一緒
情報元:ヤマダSIM LTEが毎月1GBで680円! | ヤマダウェブコム
U-NEXT・ヤマダ電機、月額680円からの「ヤマダSIM」販売へ 1GB超えると1980円になる2段階制プランなどの記事を読む

IIJ、「月額1900円+通話料」で使える音声通話付きのSIMカード「みおふぉん」を発表

1403092201_1_1.jpg

1:依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★:2014/03/08(土) 22:09:42.95 ID:???

●みおふぉんは固定電話との通話も可能

 IIJは7日、音声通話付きSIMカード「みおふぉん」の提供を3月13日より開始すると発表した。7日よりイオン、ビックカメラグループの店頭および関連ネットショップにて、みおふぉんに対応した月額1900円+通話料で利用できる「IIJmio音声通話パック」の先行販売が開始される。

 スマホのコストを抑えられるのがひとつのウリだが、その他のポイントはどこにあるのだろうか。都内で開催された発表会での説明をお伝えしよう。

 同社が展開する「IIJmio 高速モバイル/ Dカードサービス」は、データ通信用のSIMカードを低価格で利用できるシリーズ。NTTドコモのLTE網に対応しており、SIMロックフリーのスマートフォンやタブレット端末で利用できる。みおふぉんは新たなラインナップとして追加されるもので、国内外の固定電話、携帯電話やスマートフォンとの通話が可能になる。IP電話に比べて安定した高品質な通話が行えるのが特長で、警察・消防への緊急通話にも対応している。

●一言で言えば「スマホ向けLCC」

 記者説明会では、IIJサービス戦略部サービス企画1課長の青山直継氏が登壇し概要を説明した。青山氏は、IIJが行っているサービスを航空事業に例え「スマホ向けLCC(ローコストキャリア)のサービスです、と説明するのが一番分かりやすいのでは」と紹介した。

 しかし「MVNO事業者は価格勝負に走っている」といった世間一般の見方には反論する。「1000円未満のサービスが人気を集めているが、弊社は価格競争をしているわけではない」と青山氏。料金を下げることも重要だが、同時に通信品質、使い勝手、利便性をいかに上げていけるかを常に考えている、と説明した。

 IIJでは「ミニマムスタートプラン」(1900円/ 月)、「ライトスタートプラン」(2520円/ 月)、「ファミリーシェアプラン」(3560円/ 月から)の3タイプのサービスプランを提供する(詳細は下の表を参照)。また4月1日から提供を開始する「バンドルクーポン」では、毎月の利用パケット通信量が増量される予定だ。例えばミニマムスタートプランでは、毎月1GBまでのデータ量を使用できるようになる(現状は500MB/月)。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140308-00000012-mycomj-sci

IIJ、「月額1900円+通話料」で使える音声通話付きのSIMカード「みおふぉん」を発表の記事を読む

Androidスマホと自動車を繋ぐ新しい仕組み「Google Projected Mode」の存在が明らかに

1:ライトスタッフ◎φ ★:2014/03/04(火) 12:52:43.41 ID:???

 メルセデス・ベンツなどを手がけるドイツの自動車会社 ダイムラーの求人情報より、「Google Projected Mode」と呼ばれる自動車の車載システムとAndroidスマートフォンを繋ぐ新しい仕組みが開発されていることが明らかになりました。

 「Google Projected Mode」という名称から、この機能の開発にはGoogleも絡んでいると推測されます。Googleの自動車に関連する取り組みとしては、今年1月に米国で行われたCES 2014イベントで、自動車へのAndroidの導入を推進する目的で、「Open Automotive Alliance:OAA)」という団体の設立がGoogleより発表されました。現在、そのメンバーにダイムラーは含まれていませんが、OAAに関する取り組みの一環だと推測されます。

 求人募集の要項では、「Google Projected Mode」はAndroidスマートフォンとメルセデス・ベンツの車載システムをシームレスに連携させるテレマティクス分野の革新的な技術とされており、Androidスマートフォンの着信やメール、メディアコンテンツ、ナビ情報を転送して表示したり、操作することができると記されています。

 また、この機能は全世界で販売される全てのメルセデス・ベンツ車で利用できるようになるとも記されています。
http://getnews.jp/archives/525818

Androidスマホと自動車を繋ぐ新しい仕組み「Google Projected Mode」の存在が明らかにの記事を読む

スマホと連動してリモコン等の紛失物を探せる「PROTAG Elite」が国内販売へ

1: パイルドライバー(catv?):2014/02/18(火) 12:06:25.87 ID:E4H1ZRPc0

1402190219_1_1.jpg
月曜からこんなに疲れてるとか何事…。

 つい疲れてるなーと思うと飲み過ぎてしまうのが人間の性。いい気分になって気がついたら財布を居酒屋で紛失。騒いだものの、足下にあった…なんて経験ありませんか?

 iPhoneなら『iPhoneを探す』ですぐ見つけられるのに…。「財布にも『iPhoneを探す』があればいいのに!」と何度思ったことか。

 そんなピンチを未然に防いでくれるのが、カード型ガジェットPROTAG Elite。Bluetoothでスマートフォンと連携し、カード本体が自分からどれくらい離れた場所にあるのかをアプリ経由でユーザーに教えてくれます。以前ギズでも紹介したのですが、当時はクラウドファンディングサイトのindiegogoにて資金調達中でした。が、ついに国内販売が始まったそうです。

1402190219_1_2.jpg

 縦53mm×横84mm×厚さ3mmと、かなり小さい! このスパイグッズのようなカードを財布やポーチに仕込んでおけば、スマホでその位置を把握できます。

 半径約30mまで通信可能なので、一般的な部屋のサイズならほぼ全体をカバー。また、カード本体とスマートフォンが設定した距離以上離れるとアラーム音を鳴らすこともでき、置き忘れや盗難の防止にもなります。

 お会計の時に「あー! 財布がない!」と青ざめることが多い人にはうってつけかもしれません。お値段は5980円、対応機種はiPhone 5/5s/5cやGALAXY S4、Nexus 5などのBluetooth 4.0に対応した端末です。AppBank Storeにて予約受付中。発売日は2月28日です。
http://www.gizmodo.jp/2014/02/appbank_protagelite.html

スマホと連動してリモコン等の紛失物を探せる「PROTAG Elite」が国内販売への記事を読む

Skypeスマートフォン「PChomeTalk」発売 価格は66.49ドル(約6800円)、携帯会社との契約不要

1:ライトスタッフ◎φ ★:2014/02/18(火) 18:36:37.78 ID:???

 携帯電話会社と契約する必要の無い、ある意味画期的かもしれない「Skypeスマートフォン」が発売されました。

 これがSkypeスマートフォンこと「PChomeTalk」。世界初のSkype向けにデザインされたAndroidスマートフォンで、価格は66.49ドル(約6800円)。

1402182006_1_1.png

 4.3インチXVGA(800×480)液晶、A20プロセッサ(デュアルコア、1GHz)、512MB RAM、4GB ROM、200万画素前面カメラなどを搭載。OSにはSkypeを使いやすい独自インターフェース「PChomeTalk UI」を統合したAndroid 4.2を採用しています。

専用ドックを使えばスピーカーホンとしても利用可能。
1402182006_1_2.png

さらに液晶テレビにHDMI接続し、テレビ電話を利用することもできる一品です。
1402182006_1_3.png

 なお、「PChomeTalk」は3GやLTEなどの通信方式には対応しておらず、携帯電話会社のSIMを挿入して利用する……といった使い方はできません。

 しかしWi-Fi接続には対応しているため、外出先で利用する場合は「Skype Wi-Fi」やコンビニ各社が展開しているフリーのWi-Fiスポットを渡り歩くことになりそうです。

http://buzzap.jp/news/20140218-skype-smartphone/

Skypeスマートフォン「PChomeTalk」発売 価格は66.49ドル(約6800円)、携帯会社との契約不要の記事を読む

総務省、MVNO接続料の半減案を発表 市場競争を促進し、大手キャリアの料金引き下げを促す考え

1: ジャンピングカラテキック(catv?):2014/02/01(土) 11:17:26.28 ID:SvtWS1030

 総務省は1月29日、MVNO向けの回線接続料を半減する指針の改正案を発表しました。接続料が半減すればMVNOにとってはコストの軽減になるため、サービス料金が今後大幅に引き下げられる可能性があります。

 MVNOは、NTTドコモなど携帯電話事業者の通信回線の一部を借り、独自のサービスを展開する事業者です。手持ちのスマートフォンなどにMVNOの提供するSIMカードを挿すことで、携帯電話事業者が提供するサービスを利用するより利用コストが安く済むと注目が集まっています。有名どころでは、日本通信、NECビッグローブ、インターネットイニシアティブ(IIJ)などがあります。

 SankeiBizの報道によれば、MVNOのコストの大半は回線接続料が占めるため、今回の改正案が適用され接続料が半額になれば、サービス料金が値下げされる可能性があるとのことです。

 また、これによりMVNOのサービスが今より普及すれば、NTTドコモなど大手の料金もつられて引き下げられる可能性があるとのことです。
http://www.datacider.com/55541.php

総務省、MVNO接続料の半減案を発表 市場競争を促進し、大手キャリアの料金引き下げを促す考えの記事を読む

瓦版
icon_Feed_48.png icon_Twitter_48.png icon_Facebook_48.png

相互リンク・RSS・広告募集中。

連絡はコチラまで

関連商品

ASUS ZenFone 3


Motorola Moto Z

FREETEL SIM 299円全プラン対応パック
\322 FREETEL SIM 299円全プラン対応パック

DMM mobile SIMカード
\324 IIJmioウェルカムパック


Fire HD 8

Pokemon GO Plus
Pokemon GO Plus

ASUS MeMO Pad 7 LTE モデル
パナソニック DMC-CM10

Huawei P9 Lite SIMフリー
Huawei P9 Lite SIMフリー


アルミニウム製 Nano SIM MicroSIM変換アダプター5点セット


ONKYO DP-X1

アクセスランキング
サイト内検索
カウンター