あんどろいど速報
ヘッドライン
カテゴリ  [ スマートフォンのセキュリティ ]

【なおこのスマホのデータは自動的に消滅する】米ボーイング、スパイ映画のようなスマホ「Boeing Black」開発 OSはAndroid

1:!ninja !nanja@のーみそとろとろφ ★:2014/03/03(月) 22:22:49.50 ID:???

 米ボーイングは、政府機関のニーズに応える高度なセキュリティー機能を備えたスマートフォン(スマホ)「Boeing Black」を開発中であることを認め、関連情報をWebサイトで公開した。

 米新興メディアのThe Vergeは、Boeing Blackを「まるで映画『Mission Impossible』の諜報員が持つような自動消去するスマートフォン」と報じている。

 ボーイングが公開した資料によると、Boeing Blackはセキュリティーとモジュール構造に重点を置いて設計された。1台の端末で幅広いさまざまな業務や環境に対応するとしている。

 4.3インチのqHDディスプレー(解像度は540×960ドット)を搭載し、Android(アンドロイド)をOSに採用する。外形寸法は131.9mm×67.6mm×13.25mmで、重量は170g。

 暗号モジュールのセキュリティー要件「FIPS 140-2」に準拠した暗号化ストレージ、信頼性の高いモジュール、柔軟に設定可能なOSレベルでのセキュリティーポリシーなどにより、端末、データ、通信の安全性を確保する。

 1.2GHzのデュアルコア「ARM Cortex-A9」プロセッサーを搭載。PDMI(Portable Digital Media Interface)ポート、USBポート、microSDスロットを備え、Bluetooth 2.1+EDR機能を内蔵する。デュアルSIM対応で政府用ネットワークと商用ネットワークを切り替えられる。WCDMAとGSMのほか、LTEネットワークをサポートする。

 複数の海外メディアの報道によると、ボーイングは現地時間2014年2月26日にBoeing Blackを米連邦通信委員会(FCC)に申請済み。Boeing Blackは米国内で組み立て、政府機関向けに提供する。

 生体認証スキャナー、衛星トランシーバー、太陽光充電器などと接続でき、「端末を無理にこじ開けようとすると、保存データやインストール済みソフトウエアを消去し、端末自体も操作不能にする」と説明している。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2803E_Y4A220C1000000/
1403040809_1_1.jpg

【なおこのスマホのデータは自動的に消滅する】米ボーイング、スパイ映画のようなスマホ「Boeing Black」開発 OSはAndroidの記事を読む

【朗報】Intel、McAfeeブランドを「Intel Security」に 有料だったiOS/Android向けセキュリティアプリを無料提供へ

1:(ヽ´ん`) ◆ChahooS3X2 @ちゃふーφ ★:2014/01/07(火) 18:30:20.56 ID:???0


 米Intelは1月6日(現地時間)、2011年に買収したセキュリティ企業McAfeeのブランドを「Intel Security」にすると発表した。

 また、これまで有料で提供してきたMcAfeeのモバイル向けセキュリティ製品を無料にすることも発表した。米AppleのiPhoneおよびiPad、米GogleのAndroidを搭載する端末向けのセキュリティ製品を無料にするという。

 「マカフィー モバイルセキュリティ」は現在、1台当たり1年2980円で販売している。

 さらに、企業におけるBYOD普及を受け、Intelのプロセッサを搭載するAndroid端末向けのセキュリティサービス「Intel Device Protection」を提供する計画も発表した。

Intel、McAfeeブランドを「Intel Security」に
ITmedia http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1401/07/news069.html

【朗報】Intel、McAfeeブランドを「Intel Security」に 有料だったiOS/Android向けセキュリティアプリを無料提供への記事を読む

スマホ乗っ取りウイルス、ネットに無料作成ソフトも存在 保存データ・位置情報を自由に取得可能

1401062236_1_1.jpg
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★:2014/01/06(月) 16:00:55.63 ID:???0

★スマホ乗っ取りウイルス、ネットに無料作成ソフト 海外で遠隔操作被害

 他人のスマートフォンを遠隔操作して、文書や音声データの窃取などができるウイルスの無料作成ソフトがインターネット上で公開されていることが分かった。

 特別な技術がなくても短時間でソフトをダウンロードできるのが特徴。昨年には、他人のパソコンを不正に操作し襲撃予告を書き込み、誤認逮捕を引き起こした事件で男が逮捕されたが、遠隔操作の脅威がスマホに及んでいる実態が浮き彫りになった。

 ウイルス対策ソフト「ウイルスバスター」を開発・販売するソフト開発会社「トレンドマイクロ」(東京)が、昨年6月ごろにネット上で確認した。発見当初は「このソフトで、スマホを遠隔操作できる」などと英語で紹介され、37ドル(約3900円)で販売されていたが、同11月ごろからはクリックするだけで無料でダウンロードできる仕組みに変わった。

 ダウンロード後に、パソコンでソフトを立ち上げ、自身のパソコンのIPアドレス(ネット上の住所)を入力するなど簡単な作業で遠隔操作ウイルスが作成できる。文書や音声ファイルに作ったウイルスをつけてメールに添付し、攻撃を仕掛ける相手のメールアドレスに送信し、相手側が添付ファイルを開封すればウイルスに感染させることができる。(以下略)

http://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/140106/evt14010608400002-n1.html

スマホ乗っ取りウイルス、ネットに無料作成ソフトも存在 保存データ・位置情報を自由に取得可能の記事を読む

中国・百度(バイドゥ)「simeji」入力内容を送信しない設定にしていても送信される”バグ”を修正

131227_simeji.png

1:やるっきゃ希志あいのφ ★:2013/12/27(金) 11:38:56.09 ID:???

 バイドゥは12月27日、Android向け日本語入力アプリ「Simeji」の新バージョン6.6.2を公開した。入力内容を同社サーバに送信しない設定にしていても送信されてしまうバグを修正した。

 同アプリでは、クラウドと連携して変換する「クラウド入力」機能がオフの場合でも、入力内容をバイドゥのサーバに送信しているとセキュリティ企業が指摘していた。バイドゥは、バグにより一部のデータが送信されていたと認めた。

 新バージョンではこのバグを修正するとともに、クラウド変換機能を初期設定でオフに変更した。

ソースは
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1312/27/news042.html

中国・百度(バイドゥ)「simeji」入力内容を送信しない設定にしていても送信される”バグ”を修正の記事を読む

中国・百度製Android日本語入力アプリ「simeji」も入力した全文を無断送信 クラウド利用を切っていても送信し続けていた

1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★:2013/12/26(木) 18:30:46.33 ID:???0

★百度ソフト、スマホ用も入力した全文を無断送信

 中国検索最大手「百度バイドゥ」製の日本語入力ソフト「バイドゥIME」が文字情報を同社のサーバーへ無断で送信していた問題で、全国で700万人が利用する同社製のスマートフォン用ソフト「Simeji(シメジ)」も同様に情報を送信していたことが26日、分かった。

 一方、バイドゥIMEは文部科学省所管の研究機関でもインストールされていたことが新たに判明。菅官房長官は同日の記者会見で「極めて遺憾」と表明した。

 シメジはアンドロイド搭載スマホ用の無料の日本語入力ソフト。「ネットエージェント」(東京)など複数のセキュリティー会社が調べたところ、インストールすると、スマホ上のメールや無料通話アプリでの書き込み、検索の単語など、入力した全文字列が自動的に同社のサーバーに送信されていることが確認された。

 バイドゥIMEやシメジでは「クラウド変換」と呼ばれる変換方法を採用しており、多数のパソコンから変換パターンをサーバーに集めることで、変換精度を向上させているとしている。ところが、シメジでは、クラウド変換エンジンを利用しない設定に変更しても、入力した文字列が送信され続けるという。

バイドゥ日本法人は2011年末からシメジのサービスを提供しており、今年10月時点で700万件のダウンロード数があったと発表していた。

http://www.yomiuri.co.jp/net/news0/national/20131226-OYT1T00683.htm

中国・百度製Android日本語入力アプリ「simeji」も入力した全文を無断送信 クラウド利用を切っていても送信し続けていたの記事を読む

Google Playに日本のユーザーを狙った電話番号を盗むチャットアプリ

1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★:2013/11/22(金) 23:56:08.14 ID:???0

 マカフィーは11月22日、同社ブログにおいて、日本のユーザーを狙った電話番号を密かに盗むチャットアプリをAndroid向けアプリマーケット「Google Play」で発見したと発表した。

 同ブログによると、問題のチャットアプリは電話番号詐取機能の実装にJavaScriptを用いたものだという。

 登録不要かつ無料で使用できることを強調し、ユーザー情報を取得しないかのような説明をしていながら、実際にはユーザーがチャットサービスに接続する際に端末の電話番号を取得。ユーザーへの事前通知・承諾確認なしで密かに開発者が管理するWebサーバーへ送信しているという。

http://news.mynavi.jp/news/2013/11/22/563/index.html

Google Playに日本のユーザーを狙った電話番号を盗むチャットアプリの記事を読む

【Android】サイトを開くだけで「mobogenie」というアプリが勝手にダウンロードされると話題

【まとめ】AndroidでWebサイトを開くと「mobogenie_1501.apk」というファイルがダウンロードされる現象が流行中

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/14(木) 09:14:46.57 ID:oYkDA2oL0

なにこれ?
ウイルス??

2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/14(木) 09:15:47.41 ID:0YB9g2KQ0

モバゲーの弟分みたいなやつだよ

4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/14(木) 09:16:22.61 ID:oYkDA2oL0

>>2
消してもまたダウンロードされる怖い

5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/14(木) 09:19:28.08 ID:oYkDA2oL0

またダウンロードしてる
死ぬの?

【Android】サイトを開くだけで「mobogenie」というアプリが勝手にダウンロードされると話題の記事を読む

個人情報6億件超流出、不正なAndroidアプリで抜き取り 入手したアドレスで出会い系勧誘メール送りまくって8億円稼ぐ

1: キャプチュード(庭):2013/09/25(水) 19:19:58.82 ID:m7VAICa60

個人情報、6億件超流出か 不正アプリでスマホから抜き取り

 コンピューターウイルスの機能を持たせた不正アプリでスマートフォン(多機能携帯電話)の電話帳データなどを抜き取ったなどとして、京都府警サイバー犯罪対策課と山科署が、不正指令電磁的記録(ウイルス)作成や同供用などの疑いで、大分県の出会い系サイト運営会社元会長や、東京都のIT関連会社元社長ら6人を逮捕したことが25日、捜査関係者への取材で分かった。

 男らが不正入手した個人情報は延べ約6億5千万件に上る疑いがあるという。

 捜査関係者によると、男らは、アプリを使ってメールアドレスや電話番号などのデータを抜き取ったり、不正なプログラムを悪用する手口で個人情報を集めていた。

 府警は、男らが入手したアドレスを悪用して出会い系サイトに勧誘するメールを送りつけていたとみている。出会い系サイトの運営による売り上げは2007年以降で約8億4千万円に上るという。

 捜査関係者の説明では、男らは昨年7月、スマホの個人情報を勝手に外部送信するウイルスの機能を持たせたアンドロイド端末向けのアプリを作成して公開し、利用者にダウンロードさせるなどした疑いが持たれている。

 男らの不正アプリは「電池長持ち」などと利便性をうたい、利用した約8千台のスマホがウイルス感染したとみられるという。

 ネット犯罪に詳しい独立行政法人情報処理推進機構(IPA)によると、スマホの端末情報や電話帳データを外部送信する同様の不正アプリは12年度から現れ始めた。アプリの名目は「充電長持ち」「電波改善」「動画再生」などが目立ち、インストールしてもうたわれている効果はなく、端末情報を抜き取られるだけという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130925-00000017-kyt-l26

個人情報6億件超流出、不正なAndroidアプリで抜き取り 入手したアドレスで出会い系勧誘メール送りまくって8億円稼ぐの記事を読む

「(感染していないのに)ウイルスに感染してる、除去するから完全版を購入しろ」支払うまで端末ロック&初期化も不可能にするAndroidマルウェアが登場

1:キャプテンシステムρφ ★:2013/06/25(火) 11:20:28.71 ID:???0

 シマンテックは6月24日、Android端末を強制的にロックしてしまうランサムウェア型偽ウイルス対策アプリが見つかったことを発表した。

 偽ウイルス対策アプリは、PCやスマートフォンのセキュリティ状態について意図的に誤った情報を表示するマルウェア。

 実際にはコンピューターウイルスに感染していない状態でも感染していると表示し、ウイルスを除去するためには完全版のソフトウェアを購入しなければならないと表示し続けることでユーザーを騙し、ソフトウェア代金の支払いを強要するという。

 ランサムウェアはマルウェアの一種で、ファイルなどへのユーザーアクセスを拒否し、デバイスを"人質"に取る形で身代金を要求する。

 PCの偽ウイルス対策アプリは、アプリをアンインストールするか、実際に代金を支払うまでポップアップメッセージを表示し続ける。

 今回発見されたAndroidの偽ウイルス対策アプリ(パッケージ名:com.android.defender.androiddefender)は、他のアプリの起動を妨害し、マルウェア自体のアンインストールも不可能になる。

 また、OSの設定も変更され、場合によっては工場出荷状態に戻すことさえできなくなるため、シマンテックでは、このようなアプリをインストールしないことが一番の対策になるとしている。

http://news.mynavi.jp/news/2013/06/25/063/

「(感染していないのに)ウイルスに感染してる、除去するから完全版を購入しろ」支払うまで端末ロック&初期化も不可能にするAndroidマルウェアが登場の記事を読む

アメリカではキャリアがAndroidスマホのアップデートを放置した場合、違約金無しで解約できるようになる…かも

1: コーニッシュレック(茸):2013/04/20(土) 20:00:50.21 ID:+AIJtFyg0●

 Androidスマートフォンの多くでセキュリティーアップデートが提供されず、脆弱性が放置されているとして、アメリカ人権自由協会(ACLU)が米連邦取引委員会(FTC)に調査と救済措置を求める訴状を提出したそうだ。

 Android OSはGoogleによってセキュリティー修正が行われているが、多くのデバイスは携帯キャリアやハードウェアメーカーによりカスタマイズされたOSが搭載されているため、Google提供のセキュリティーアップデートをそのまま適用することができない。

 Androidデバイスはスマートフォン市場の75%を占めるが、既知の脆弱性が確認されているバージョンが多数を占めるという。

 Androidを狙ったマルウエアの多くは既知の脆弱性を狙ったものであるのにも関わらず、キャリアやハードウェアメーカーによるセキュリティーアップデートの提供頻度は低い。

 しかし、多くのユーザーは2年契約で端末を購入しており、脆弱性のあるソフトウェアを使い続けることになる。ACLUでは、キャリアが重要なセキュリティーアップデートを提供しないのであれば、デバイスに対する返金や違約金を払うことなく解約できるようにすることをキャリアに強制するようFTCに求めている。

http://security.slashdot.jp/story/13/04/19/2131214/

アメリカではキャリアがAndroidスマホのアップデートを放置した場合、違約金無しで解約できるようになる…かもの記事を読む

瓦版
icon_Feed_48.png icon_Twitter_48.png icon_Facebook_48.png

相互リンク・RSS・広告募集中。

連絡はコチラまで

関連商品

ASUS ZenFone 3


Motorola Moto Z

FREETEL SIM 299円全プラン対応パック
\322 FREETEL SIM 299円全プラン対応パック

DMM mobile SIMカード
\324 IIJmioウェルカムパック


Fire HD 8

Pokemon GO Plus
Pokemon GO Plus

ASUS MeMO Pad 7 LTE モデル
パナソニック DMC-CM10

Huawei P9 Lite SIMフリー
Huawei P9 Lite SIMフリー


アルミニウム製 Nano SIM MicroSIM変換アダプター5点セット


ONKYO DP-X1

アクセスランキング
サイト内検索
カウンター