あんどろいど速報

スマホアプリ『剣と魔法ログレス』、運営関係者がログインが薄くなったアカウントを勝手にRMTして逮捕

170621a.png
1:名無しさん@涙目です。(庭)@\(^o^)/ [ニダ]:2017/06/21(水) 20:42:18.07 ID:ueF32za10

スマートフォン向け人気ゲームの利用者のアカウントを不正入手して勝手に転売したとして、大阪府警は21日、東証マザーズ上場のゲーム運営会社「Aiming(エイミング)」(本社・東京都)の従業員、宮口大介容疑者(23)=大阪市東淀川区豊里4=を不正アクセス禁止法違反と詐欺の疑いで逮捕したと発表した。

ゲームは「剣と魔法のログレス いにしえの女神」で、希少アイテムやアカウント(IDとパスワード)がインターネット上で売買されている。

府警は、宮口容疑者が利用者情報を閲覧できる立場を悪用し、昨年9月以降、68件のアカウントをネット上に出品、計35万円の利益を得たとみている。

逮捕容疑は今年4月、大阪府内の30代男性のアカウントを不正入手。 兵庫県内の高校1年の男子生徒(16)に売却し、4万1600円をだまし取った、としている。

「借金返済と生活費に充てた」と容疑を認めている。

サイバー犯罪対策課によると、宮口容疑者は一定期間利用のないアカウントに自分のスマホから不正にログインし、アイテムを確認した上で1件につき6000~4万円で販売していた。

男性から「アカウントが勝手に売りに出された」と相談を受けた府警が捜査。同社は「再発防止のための内部管理体制を強化したい」とコメントを出した。

【宮嶋梓帆】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-00000094-mai-soci

スマホアプリ『剣と魔法ログレス』、運営関係者がログインが薄くなったアカウントを勝手にRMTして逮捕の記事を読む

2017/06/21 23:12 | アプリ | コメント(5) | はてなブックマーク - スマホアプリ『剣と魔法ログレス』、運営関係者がログインが薄くなったアカウントを勝手にRMTして逮捕

Google、「Android 2.1 Eclair」のサポートを終了へ -リリースは7年前

1:名無しさん@涙目です。(catv?)@\(^o^)/ [GB]:2017/06/21(水) 18:21:38.94 ID:4Dr7A2Qt0.net

Android OSは2016年に「Android 7.0 Nougat」がリリースされ、2017年内に最新版となる「Android 8.0 O」も正式リリースとなる予定です。

その一方でGoogleは、7年前にリリースされた「Android 2.1 Eclair」とそれ以前のバージョンのAndroid OSで、Androidマーケットアプリのサポートを終了すると発表しました。

Googleは2017年6月30日から、Android 2.1 Eclairからそれ以前のバージョンのAndroid搭載の端末で、Androidマーケットアプリの提供を終了します。6月30日以降は該当の端末からAndroidマーケットアプリへのアクセス、およびAndroidマーケットから新しいアプリのインストールができなくなります。

Androidマーケットアプリの技術的な制限があるため、端末に通知されずに変更が行われるとのこと。

すでに多くのアプリ開発者はAndroid 2.1 Eclairのような古いバージョンをアプリでサポートしておらず、本家のGoogleのサポートも終了することになります。Android 2.2以上の端末については、AndroidマーケットではなくGoogle Playでできる限り長くサポートが続けられるとのことです。

なお、Android DevelopersではOSのバージョンごとにインストールされている端末数を公開しています。
表示されている中で最も少ないのが「Android 2.3.3 -2.3.7(Gingerbread)」の0.8%で、分布が0.1%未満のバージョンは表示されていないため、現役でAndroid 2.1 Eclairを使っている人はごくわずかということになります。

Googleが「Android 2.1 Eclair」のサポートを終了へ

http://gigazine.net/news/20170621-end-support-android-2-1-eclair/

Google、「Android 2.1 Eclair」のサポートを終了へ -リリースは7年前の記事を読む

2017/06/21 23:02 | Android OS・Nexus | コメント(0) | はてなブックマーク - Google、「Android 2.1 Eclair」のサポートを終了へ -リリースは7年前

FREETEL、ニコニコプレミアム会員費が1年間無料になる「ニコニコSIM (仮)」を発売。なお、ニコニコ動画はカウントフリーにはならない

1:ノチラ ★:2017/06/20(火) 15:00:49.67 ID:CAP_USER.net

プラスワン・マーケティングは6月20日、FREETELとドワンゴの動画サービス「niconico」がコラボレートしたSIMカード「ニコニコSIM (仮) powered by FREETEL」を発売した。

動画サービス「niconico」のプレミアム会員権とデータ通信を組み合わせたSIMカードで、料金プランは月額499円から用意。初月のみ3,000円の事務手数料と394円のSIM発行手数料がかかる。利用1年目はニコニコプレミアム会員費が無料となるほか、6月中に契約するともれなく「ニコニコSIM (仮)オリジナルSIMピン」がプレゼントされる。

プラスワン・マーケティングはドワンゴとの連携について、「ニコニコユーザーにより手軽で快適なニコニコサービス体験を提供できるよう、今後も両社でのコラボレーションを検討しております」としている

1年目の月額

1GB 3GB 5GB 10GB
データ 499円 900円 1,520円 2,470円
データ+SMS 639円 1,040円 1,660円 2,610円
音声(データ/SMS付き) 1,199円 1,600円 2,220円 3,170円
2年目の月額

1GB 3GB 5GB 10GB
データ 999円 1,400円 2,020円 2,970円
データ+SMS 1,139円 1,540円 2,160円 3,110円
音声(データ/SMS付き) 1,699円 2,100円 2,720円 3,670円

http://news.mynavi.jp/news/2017/06/20/088/

FREETEL、ニコニコプレミアム会員費が1年間無料になる「ニコニコSIM (仮)」を発売。なお、ニコニコ動画はカウントフリーにはならないの記事を読む

百度日本法人、入力アプリ「Shimeji」にAIを活用した音声入力機能を追加

170620a.png
1:ののの ★:2017/06/14(水) 15:22:44.01 ID:CAP_USER.net

中国インターネット検索大手、百度(バイドゥ)の日本法人は14日、若い世代に人気の日本語入力アプリ「シメジ」に音声入力機能を加えたと発表した。音声の認識や句読点を自然な位置につける仕組みに人工知能(AI)を活用する。音声入力した言葉に合う絵文字も自動で入力できるようにするなど、交流サイト(SNS)を多用する若い世代の話語に寄り添った。

日本法人のチャールズ・チャン社長は「2017年はAI元年として、積極的に本社の技術を取り込む」と語った。

スマートフォン(スマホ)向けの日本語入力・キーボードアプリ「シメジ」に中国百度の音声認識技術を取り入れた。AIの一種である機械学習を使い、スマホにふき込んだ声から文字の推測・置き換えを行う。文章が長ければ、AIが判断して途中で句読点を入れる機能もつけた。

「シメジ」の音声入力は百度本社の日本語向けに特化したチームが開発した。AIを次の成長分野と位置づける百度は研究開発に巨額の投資をすすめている。同社の音声認識技術は「中国語の認識率で97%に達し、米グーグルなど競合他社をしのぐ」(百度で音声認識を研究する李超氏)という。

方言が多い中国語と日本語には開発手法で類似点も多い。本社の基礎技術をもとに、日本語に特有の句読点や同形異音語の多さを反映した。「シメジ」の認識精度は90%程度といい、今後は関西弁など方言データも加えて精度を高める。

日本法人が提供するアプリ「シメジ」は記号を組み合わせて表情をつくる顔文字や絵文字が5万種以上あるのが特徴。短文投稿サイト「ツイッター」で頻繁に発信する女子高生を中心に、10~20代の若者に人気だ。14年から米アップルの基本ソフト「iOS」にも対応し、日本での累計ダウンロード数は2700万件に達した。

音声入力の導入にあたって、「シメジ」の特徴も最大限に出す。入力した文章の語尾に、内容に合わせた顔文字の候補を自動でレコメンドするようにした。「それな(同意)」や「無理ゲー(達成が難しい)」といった若者言葉でよく使われる名詞や形容詞と、数百種類の顔文字と絵文字をひも付けている。

百度日本法人が自社製品にAIを活用するのはこれが第2弾となる。2月には本社のAI研究所と共同で画像解析エンジンを開発。ニュース運営サイト向けに閲覧回数が多い画像を分析するサービスを提供する。今後も訪日中国人向けの広告事業など、AI適用分野を広げる方針だ。(薬文江)

2017/6/14 14:16
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ14HAK_U7A610C1000000/  

百度日本法人、入力アプリ「Shimeji」にAIを活用した音声入力機能を追加の記事を読む

2017/06/20 08:00 | アプリ | コメント(14) | はてなブックマーク - 百度日本法人、入力アプリ「Shimeji」にAIを活用した音声入力機能を追加

メルカリ、日本郵便と提携で全国一律175円「ゆうゆうメルカリ便」開始 -郵便局での発送容易に

170619a.jpg
1:ノチラ ★:2017/06/19(月) 00:03:10.15 ID:CAP_USER.net

フリマアプリのメルカリ(東京・港)は日本郵便と提携して、取引が成立した商品の発送などを郵便局でできるようにする。宛名書きなどの発送の手間を省いたほか、受取場所に郵便局を指定することもできる。

ヤフーや楽天も近く、日本郵便と配送サービスを開始する。全国に拠点を持つ日本郵便と組んでフリマやオークションなど個人間取引の利便性を高める。

メルカリは配送サービス「ゆうゆうメルカリ便」を始める。フリマアプリで…

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO17813950Y7A610C1TJC000/

メルカリ、日本郵便と提携で全国一律175円「ゆうゆうメルカリ便」開始 -郵便局での発送容易にの記事を読む

2017/06/19 23:08 | アプリ | コメント(8) | はてなブックマーク - メルカリ、日本郵便と提携で全国一律175円「ゆうゆうメルカリ便」開始 -郵便局での発送容易に

サムスン、爆発問題のあったNote 7を「Galaxy Note FE」として発売へ ーネットからは「Fire Edition?」と揶揄も

170618a.jpg
1:ノチラ ★:2017/06/18(日) 12:44:36.69 ID:CAP_USER.net

2017年6月16日、韓国のサムスン電子が発火・爆発問題で昨年10月に販売を中止した「ギャラクシーノート7」が、新たに「ギャラクシーノートFE」と名前を変え来月発売される。韓国・ソウル新聞が伝えた。

「FE」はファンダムエディション(Fandom Edition)の略で、ギャラクシーノートファンのための「特別版」という意味を含み、サムスン電子初の再生スマホになる。

業界関係者によると、来月7日から一般販売が開始される。韓国の3大移動通信(SK Telecom、KT、LGU+)すべてで利用可能。回収した「ギャラクシーノート7」306万台と市場在庫の一部を、韓国だけでなく海外でも販売する予定だという。

昨年8月に発売されたノート7の出荷価格は98万8900ウォン(約9万7000円)だったが、ノートFEの価格はこれより20万~30万ウォン(約2万~約3万円)値下げされる可能性が高いという。ノート7がバッテリーの発火・爆発事故で販売中止に追い込まれただけに、ノートFEはバッテリーの安全性が強化されており、バッテリー容量もノート7から低減したという。

サムスン電子が新たに売り出す再生スマホについて、韓国のネットでは依然として不信感を表すコメントが目立つ。また、「Fandom Editionじゃなくて、Fire Editionの意味だろう」とやゆする声も見られた。果たして売れ行きはどうなるのか。(翻訳・編集/三田)

http://www.recordchina.co.jp/b181465-s0-c20.html

サムスン、爆発問題のあったNote 7を「Galaxy Note FE」として発売へ ーネットからは「Fire Edition?」と揶揄もの記事を読む

瓦版
icon_Feed_48.png icon_Twitter_48.png icon_Facebook_48.png

相互リンク・RSS・広告募集中。

連絡はコチラまで

関連商品

Google Pixel


Google Pixel XL


Google Daydream View

2017 Fire 7


2017 Fire HD 8


Xperia XZs


VAIO Phone A


HUAWEI Nova Lite


ONKYO GRANBEAT

ASUS MeMO Pad 7 LTE モデル
パナソニック DMC-CM10

アクセスランキング
サイト内検索
カウンター