あんどろいど速報
ヘッドライン

中国では老人がスマホで野菜を買っている、日本の後進国化が深刻

170412a.jpg
1: アイアンフィンガーフロムヘル(dion軍)@\(^o^)/ [JP]:2017/04/11(火) 16:23:38.18 ID:akKRE9IA0.net

2017年4月8日、中国メディアの参考消息が、聡明な政府こそキャッシュレス化社会を推進するとする記事を掲載した。

記事は、北欧や中国などの電子マネーやインターネット金融が発展している国では、持ち歩く現金がますます少なくなっており、現金の使用頻度は低くなるばかりだと指摘。
例えば中国では、多くの露天商がQRコードを準備しアリペイやWeChatで支払いができるようにしているほか、物乞いまでQRコードを持っており、電子マネーでの施しができるようになっている。

最近行われた調査では、70%の中国のネットユーザーが「現金はもはや生活の必需品ではない」と回答しており、7億人以上いる中国ネットユーザーの6割が実際にモバイル決済をよく利用している。

記事は、聡明な政府はキャッシュレス社会を歓迎するものだと主張。
その理由として、ニセ札や地下銀行の取り締まり、脱税や腐敗に関係した取引の取り調べが容易になることを挙げた。

さらに、電子マネーでの決済は、すべての取引データが残るため、こうしたデータは追跡することができるという利点がある。
つまり、すべての電子マネーによる取引は法の目をかいくぐることはできず、この点が現金とは大きく異なっているという。

これに対し、中国のネットユーザーから「うちの母は70歳だが、毎日朝市で野菜を買う時スマホで決済している」とのコメントがあり、中国ではキャッシュレス化がいかに進んでいるかを垣間見ることができる。

しかし、「モバイル決済の最大の問題は、買い物するときはうれしいけど毎月の明細書を見ると心が引き裂かれる思いになることだ」、「アリペイやWeChatでの支払いをするようになってから、前よりもお金の減りが速くなったと思う」と、問題点を指摘するコメントもあった。(翻訳・編集/山中)

http://www.recordchina.co.jp/b174675-s0-c20.html

中国では老人がスマホで野菜を買っている、日本の後進国化が深刻の記事を読む

サムスン子会社、ファーウェイの特許侵害で1160万ドル支払い命令

170205a.png
1:みつを ★:2017/04/06(木) 19:05:54.40 ID:CAP_USER.net

[香港 6日 ロイター] - 中国の裁判所は、韓国サムスン電子(005930.KS)の中国子会社に対し、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の特許を侵害したとして、8000万元(1160万ドル)を支払うよう命じた。中国の政府系地方紙、泉州晩報のウェブサイトが6日伝えた。

ファーウェイがサムスンを相手取った特許訴訟で勝利するのは初めて。

ファーウェイは昨年5月、スマートフォンの特許侵害を訴え、中国と米国でサムスンを提訴。サムスンはこれに対抗し、ファーウェイによる特許侵害があったとして中国で同社を提訴した。

ファーウェイは福建省泉州の裁判所に対し、サムスンの中国子会社3社とサムスン製品の生産・販売を行う中国の電子機器メーカーがファーウェイの特許を侵害していると訴え、損害賠償を求めていた。

泉州晩報のサイトによると、泉州の中級裁判所は、サムスンの中国子会社3社に対し、ファーウェイの携帯電話機部門、華為終端が保有する特許を侵害したとして、損害賠償の支払いを命令。この3社と中国企業2社に対し、ファーウェイの特許侵害をやめるよう命じた。

ファーウェイの広報担当者は、判決を歓迎するとコメント。
サムスンは、判決を精査した後に対応を決めるとしている。

2017年 4月 6日 3:27 PM JST

http://jp.mobile.reuters.com/article/technologyNews/idJPKBN1780E5

サムスン子会社、ファーウェイの特許侵害で1160万ドル支払い命令の記事を読む

Google、韓国LGのOLEDに1兆ウォン出資

170410a.gif
1:まはる ★:2017/04/10(月) 12:34:57.86 ID:CAP_USER.net

米グーグルは、韓国のLGディスプレー(034220.KS)のモバイル端末用有機発光ダイオード(OLED)事業に少なくとも1兆ウォン(8億8029万ドル)出資したもようだ。Electronic Timesが10日報じた。

同社のOLEDスクリーンはサムスン電子(005930.KS)がスマートフォン(スマホ)のギャラクシーで採用しており、アップル(AAPL.O)も新型iPhone(アイフォーン)の一部モデルで追随する見通しだという。

LGディスプレーはコメントを控えた。グーグルからのコメントは得られていない。

http://jp.reuters.com/article/google-lgdisplay-idJPKBN17C01C

Google、韓国LGのOLEDに1兆ウォン出資の記事を読む

Xiaomi、日本市場参入! TJCが日本正規代理店に

170404b.png
1:SIM無しさん:2017/04/04(火) 18:53:37.83 ID:uOPOy553.net

シャオミ日本参入

TJC株式会社は、中国の「小米」(小米科技)の日本正規代理店となったことを公式Twitterアカウントにて発表。

https://twitter.com/TJCCORP/status/848845644257148928/

Xiaomi、日本市場参入! TJCが日本正規代理店にの記事を読む

OS世界シェアでAndroidが初の首位、Windowsを抜く

170404a.png
1:まはる ★:2017/04/04(火) 13:59:51.07 ID:CAP_USER.net

パソコンやスマートフォンを作動させる基本ソフト(OS)の世界シェアで、米グーグルの「アンドロイド」が米マイクロソフトの「ウィンドウズ」を逆転し、初めて首位に立ったことが3日、分かった。

調査会社スタットカウンターが発表した。パソコン市場が低迷する一方、スマホの爆発的な普及でOS市場の新旧勢力が交代しつつある構図が浮き彫りになった。

発表によると、今年3月のアンドロイドのシェアは37.93%とウィンドウズ(37.91%)をわずかに上回った。
アンドロイドはスマホへの搭載が多いが、5年前は2.4%のシェアにすぎなかった。
スタットカウンターの幹部は「1980年代以降のマイクロソフトが世界のOS市場を主導してきた時代は終わりを迎えた」とコメントした。

ただ、パソコンでは、ウィンドウズは依然84%のシェアを誇っているという。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017040400613&g=int

OS世界シェアでAndroidが初の首位、Windowsを抜くの記事を読む

2017/04/04 23:04 | Android OS・Nexus | コメント(2) | はてなブックマーク - OS世界シェアでAndroidが初の首位、Windowsを抜く

iOSアプリの売上、2017年にAndroidアプリに抜かれる予測

1: ムーンサルトプレス(catv?)@\(^o^)/ [TH]:2017/04/02(日) 12:56:17.44 ID:Orleo7460.net

現在、アプリ市場の売上高はiOSアプリが過半数を占めていますが、2017年にはAndroidアプリの売上高がiOSアプリを逆転する、との予測をアプリ関連調査機関のApp Annieが発表しました。
2017年、AndroidアプリDL数が大きく伸びる!?

2016年のダウンロード数は、iOSが290億、Google Playが630億、スマートフォンメーカーが独自に用意するアプリストアのようなサードパーティが450億でした。合計すると、2016年に1,370億のアプリがダウンロードされていることになります。

App Annie 2016レポート

App Annieは、2017年にはiOSは300億とほぼ横ばいなのに対し、Google Playは1,140億、サードパーティが700億とAndroid勢の大きな伸びを予測しています。
そして2021年には、iOSが420億、Google Playは1,960億、サードパーティが1,040億と、Androidの伸びが大きいのが目立ちます。

これは、インド、メキシコ、ブラジル、インドネシアといった急成長中の国々でスマートフォンの販売が伸びると考えられるためです。アプリ市場規模、2016年は約6.8兆円!

アプリの売上高を見ると、2016年はiOSが340億ドル(約3兆8,000億円)、Google Playが170億ドル(約1兆9,000億円)、サードパーティが100億ドル(約1兆1,000億円)と、iOSアプリの売上が全体の55%を占めています。3つを合計した市場規模は610億ドル(6兆8,000億円)です。

App Annie 2016レポート

2017年のアプリ売上高は、iOSが400億ドル(約4兆4,500億円)、Google Playが210億ドル(約2兆4,000億円)、サードパーティが200億ドル(約2兆2,300億円)と、Google Playとサードパーティを合計したAndroid勢の売上がiOSを上回ります。
なお、2017年の推計アプリ市場規模は810億ドル(約9兆円)にのぼります。

2021年には、iOSが600億ドル(6兆7,00億円)、Google Playが420億ドル(約4兆7,000億円)、サードパーティが360億ドル(4兆円)と、それぞれ成長すると予測されています。合計した市場規模は1,380億ドル(約15兆4,000億円)と、2016年の約2.3倍の規模となる予測です。

iOSアプリの売上、2017年にAndroidアプリに抜かれる!?
http://iphone-mania.jp/news-163682/

iOSアプリの売上、2017年にAndroidアプリに抜かれる予測の記事を読む

2017/04/03 22:10 | アプリ | コメント(6) | はてなブックマーク - iOSアプリの売上、2017年にAndroidアプリに抜かれる予測
瓦版
icon_Feed_48.png icon_Twitter_48.png icon_Facebook_48.png

相互リンク・RSS・広告募集中。

連絡はコチラまで

関連商品

ASUS ZenFone 3


Motorola Moto Z

FREETEL SIM 299円全プラン対応パック
\322 FREETEL SIM 299円全プラン対応パック

DMM mobile SIMカード
\324 IIJmioウェルカムパック


Fire HD 8

Pokemon GO Plus
Pokemon GO Plus

ASUS MeMO Pad 7 LTE モデル
パナソニック DMC-CM10

Huawei P9 Lite SIMフリー
Huawei P9 Lite SIMフリー


アルミニウム製 Nano SIM MicroSIM変換アダプター5点セット


ONKYO DP-X1

アクセスランキング
サイト内検索
カウンター